2014
07.03
スクリーンショット 2014-07-03 6.25.16.png

レッドブルの大型ボトル缶タイプは7月29日から全国で販売開始

コラム

日本に続々参入してきたエナジードリンクですが、小型ボトルでなかなか本国の米国のように大型ボトルとならないようです。

これは日本の薬事法が原因と言われています。

 

レッドブルのエナジードリンクも本国と比べれば半分のサイズもないです。これで値段は本国よりも割高でエナジードリンクと言われているので実際の効果は低いのではないでしょうか。

 

そこで今度は少し大型化し、300mlのペットボトル型のエナジードリンクが発売となります。

レッドブルは過去にもこれを発売すると言っていたのですが販売開始ギリギリの段階で政府から販売中止を通告され、販売できなくなりました。

 

2014年7月29日より全国で販売を正式に発表

スクリーンショット 2014 07 03 6 25 16

 

これを受けて、エナジードリンクが少しづつ、大型化してくるのではないかと思います。

今のところレッドブルの大型化の発表と同じ頃にコカ・コーラのリアルゴールドも大型ペットボトルでの販売を発表しました。

 

多分、エナジードリンクのモンスターも大型化してくるのではないかと思います。

モンスターは米国では500mlが販売されており、1日で何本も飲んだという人が心臓バクバクで大変な事になったなど、問題も指摘されています。

 

元気になる理由も心臓バクバクになる理由もすべては過剰カフェインです。

エナジードリンクの原理は、疲労回復ではなく、過剰カフェインにあります。

 

それはさておき、レッドブルの大型化を望んでいた人は多いでしょう。会社でも若い人はリポビタンDなどの栄養ドリンクよりもコンビニでのエナジードリンクを買う人が増えています。300mlボトル缶は7月29日から全国で販売されます。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。