2014
08.04
スクリーンショット 2014-08-04 6.22.30.png

マクドナルドは中国食品加工業者事件によりマックフライポテトセールの延長中

コラム

マクドナルドでは期間限定でマックフライポテトが150円になるキャンペーンを実施ています。

すでにこのキャンペーンは8月1日で終了する予定でしたが、8月12日まで急遽延長されることとなりました。

 

理由は、中国の鶏肉加工業者が賞味期限切れの破棄しなければいけない鶏肉を消毒して食品加工にしていたという点です。

これをマクドナルドのチキンナゲットで使用していたという事実がマクドナルドの業績悪化に拍車を掛けました。

スクリーンショット 2014 08 04 6 22 30

スクリーンショット 2014 08 04 6 22 10

 

そういった理由もあり、集客効果を狙うため、マックフライポテトの全サイズ150円キャンペーンを8月12日まで延長することになったのでしょう。

マクドナルドの集客を見ると、確実に利用者は減っています。店頭の混雑も随分と違う感じがします。

 

私の場合、健康を意識し、30歳を過ぎてからはほとんどマクドナルドを利用していません。利用しても100円で買える商品を1個、2個買うだけです。

健康的に食事と運動を意識するとジャンクフードは極力食べないようにしましたが、やっとこれで普通の健康が維持できる水準になります。

 

若いうちは何を食べても身体に問題はありませんが35歳、40歳になると生活習慣病の発症が徐々に影響が出てきます。即がんや即死亡とはならないのですが、健康診断ではかなり悪い数値が出始めてくるのです。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。