2014
05.27
GW017_72A.jpg

プレステ4の販売台数は任天堂 wii Uと同じく、販売台数が日本で低迷しているぞ

コラム

プレイステーション4のソフトが全然、発売されていないため、本体の売れ行きも悪くなっています。

日本では任天堂のwii Uと同数くらいの販売台数です。月間ベースで見ると完全に売れていません。しかし、任天堂と異なり、海外では売れているようです。

 

新型ゲーム機は、発売しても定期的にソフトが発売されないのは、どのメーカーでもどの機種でも同じですね。

据え置き機だろうが携帯ゲーム機だろうが一緒です。

ゲーム機は、販売後、2年くらい見ないと、買う対象にはなりませんね。ソフトの供給があまりにも少なすぎます。

 

ニンテンドー3DSも最初の1年間は、ほとんどゲームが出ませんでしたし、それなりのソフトしか出ませんでした。でも、任天堂という完成度の高いゲームが供給されているため、何とかなりました。

任天堂もニンテンドー3DSは3Dが失敗し、25000円の本体を急激に値下げし、15000円まで下げたことでやっと売れたのです。でも、本体が売れても1人ソフトを5本買ってくれないと元が取れないという状況になりました。

 

Wii Uは、今後、マリオカートやスマッシュブラザーズ、ゼルダオリジナル、ファイアーエムブレムなど、定番の人気タイトルの発売が期待できます。こういったソフトがやっと揃うのが発売後、2年経過してからです。本体の寿命も昔は4年でしたが最近は5年、6年でしょう。

この流れでいくとニンテンドー3DSは、もう2年位で新型が出る計算になります。

 

プレイステーション4も処理能力が凄いと言っても洋ゲーしか出ません。

洋ゲーをしたいなら、プレステ4を買わなくても高性能デスクトップパソコンでもいいわけです。

プレステ4も販売が安定するまでは2年、3年は掛かるでしょうね。できればゲーム以外にトルネやナスネみたいな家電としての性能を強化していただきたいと思います。

GW017 72A

自分は、子供が2人目生まれる前は、少しゲームをしていましたが最近は全然やっていません。

本もあまり読む暇もなく、録り貯めた映画などをたまにまとめて見るくらいです。1人目の子供の相手と奥さんのサポート、2人目の子供の世話、自宅の清掃やら、買い物、それに筋トレに運動などをしつつ、仕事にも行っていると、ゲームとかなかなかやる気にはなれないんですよね。

 

なぜなら、やらなくてもいいものだから、忙しいとわざわざやる気になれないというものです。

結局は暇つぶしのためのゲームであり、ヒマじゃないんですよね・・・。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。