2014
09.19
スクリーンショット 2014-09-19 21.33.55.png

プレイステーション(PS4)向けの開発で利用できるUnityを無料提供開始

コラム

ソニーの業績は悪いのですが、ゲーム機のプレステ4は快進撃真っ最中です。

そのプレステ4用のゲーム開発でプログラムを使用しなくても開発ができるというUnityですが、開発者用に無料提供を決定しました。

ソニー・コンピュータエンタテインメントとユニティ・テクノロジーズ
「プレイステーション」向け「Unity」を すべてのソフトウェアタイトル開発者の皆様に無償提供

スクリーンショット 2014 09 19 21 33 55

株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)と、革新的な開発プラットフォーム「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ(本社:米国カリフォルニア州)は、2013年3月に合意した戦略的提携にもとづき、「プレイステーション」向け「Unity」の「Unity Pro for PlayStation®」を提供していますが、この度さらなるパートナーシップの強化を図り、「プレイステーション 4」、「プレイステーション 3」および「プレイステーション ヴィータ」向け「Unity Pro for PlayStation®」をすべてのソフトウェアタイトル開発者の皆様に無償で提供いたします。

今回のパートナーシップ強化によって、SCEはインディーズ(独立系)開発者の皆様の活動をより強力にサポートしていくとともに、経験豊かな開発者の皆様のニーズにお応えするため、より多くの機能提供やより高いパフォーマンスの実現に向けてユニティ・テクノロジーズとの協力を深めてまいります。また「Unity for PlayStation®」の無償提供を通じ、SCEは今後も、ユーザーの皆様に「プレイステーション」ならではの豊かなゲーム体験をお楽しみいただける数々のソフトウェアタイトルを開発者の皆様とともに提供してまいります。

「すべての開発者の皆様に『プレイステーション』向け『Unity』を無償提供できることを大変嬉しく思います。とりわけインディーズ(独立系)開発者の皆様の熱意によって、独創的でクオリティの高い『プレイステーション』プラットフォーム専用ソフトウェアタイトルが次々に制作されています。すべての開発者の皆様が『プレイステーション』プラットフォーム上で新しい体験を創造していただけるよう今後もサポートしてまいります。」
(SCE 研究開発本部 シニア・バイス・プレジデント 兼 副本部長 豊 禎治)

「これまで『Unity』を利用し制作された数々の素晴らしい『プレイステーション』プラットフォーム専用ソフトウェアタイトルが発売され、現在もより多くのタイトルが制作されています。『プレイステーション』向け『Unity』の無償提供は、これらのソフトウェアタイトル制作をより簡明にするとともに、『Unity』を利用する開発者の皆様が『プレイステーション』の開発コミュニティに参加いただくための最適な機会をお約束する重要な一歩です。」
(ユニティ・テクノロジーズ CEO デイビッド・ヘルガソン)

 

この無料開発のプラットフォームはかなりインパクトはありますが確か任天堂のWiiUも同様に開発環境の無料提供を進めていました。

かといってプレステのゲームソフトでボクサーズロードというのがありましたが、なかなか開発費を掛けないで個人が大ヒットを生み出すのは年々難しくなっています。ゲーム会社ですら開発費が増加していますからね。

 

でも、スマホゲームで個人開発のものが大ヒットしているのもあります。

Unityは、個人開発というのも実際ありますが、有償の素材を組み合わせて作るくらいしかノンプログラムの場合、厳しいです。

ノンプログラム開発は、開発を助けるだけであり、何でもプログラムレスで完成させるものでもないです。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。