2014
02.25

ブックオフやソフマップの中古ショップではWiiの中古ソフトの売り場は縮小され在庫もない

コラム

中古ゲームショップやブックオフなどに行ってもあれだけ過去に大量に売ったWiiのゲームソフトが全然、売っていない。売り場面積が圧倒的に狭い。

ソフマップなんてXbox360の中古売り場よりも少ない。Wiiは比較的、本体が安く中古で売られているがゲームソフトの中古は全然、在庫がない状態だ。需要もなければ買取価格も安い割に販売価格は割高だったりする。

 

Xenoblade ゼノブレイド(特典なし) Xenoblade ゼノブレイド(特典なし)
Nintendo Wii

任天堂
売り上げランキング : 942

Amazonで詳しく見る

マリオなどは中古で売らずに手元においておく人も実は多いのである。

 

ここで面白い現象が発生している。

マリオカートWiiのハンドル付きはAmazonで新品が送料無料4400円で販売されているのにヤフオクでは3700円位で中古が結構ボロボロ状態でも売られている。しかもかなりの勢いで売れるのである。送料を合わせたら、Amazonの新品を送料無料で購入するほうが安いのにヤフオクで買う人がいる。

 

ピクミン2などもAmazonで大幅値引きされており、2800円で送料無料の新品が販売されているが、ヤフオクで中古価格がAmazonの新品を超えているし、ゲオの買い取りは2600円なのである。

 

こんな感じで既に全盛期を過ぎたwiiであるがそれでも人気があり1本4000円位するゲームは非常に高い。

ヤフオクでも中古相場は高く、それ以上にブックオフは強烈に高い。Amazonの新品よりも中古価格のほうが高い。しかし、売れるのである。世の中にはネットの激安価格を求めている人もいれば、何となく週末にゲオに行きレンタルビデオを旧作50円で借りつつ、自宅にいるのも暇だと暇つぶしにそのまま買っていく人も多い。

 

社会人が暇つぶしにというならばゲームなんて500円相場よりも高くても今すぐ欲しいという欲望のほうが強かったりする。そうやって価格の相場は決まったりしているようだ。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。