2014
10.24
スクリーンショット 2014-10-24 6.48.54.png

ファミリーマートで24時間スーパー双方の商品と機能を備わったハイブリッド店舗を11月1日より開店

コラム

ファミリーマートとスーパーのカスミが業務提携し、コンビニとスーパーの店舗が一緒になったハイブリッド店舗を11月1日からスタートさせます。

これは先にローソンも行っており、ローソンは自営でナチュラルローソンや100円ローソン、ローソンスーパーなどをやっていますね。

ローソンスーパーでは普通のスーパーのように広告も出して安い商品をアピールすることも有ります。24時間やっており、安価でちょっとしたものを買えるのであると非常に便利です。

 

株式会社ファミリーマート(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:中山勇、以下ファミリーマート)と株
式会社カスミ(本社:茨城県つくば市、代表取締役社長:藤田元宏、以下カスミ)は、コンビニエンスストア
とスーパーマーケットの双方の機能を兼ね備えた新たなビジネスモデルの構築に向けて、「ファミリーマ
ートプラス上青木店」を、2014年11月1日(土)に開店いたします。

スクリーンショット 2014 10 24 6 48 54
■コンビニエンスストアの利便性とスーパーマーケットの品揃えを一体化させた新業態店舗

このたび開店する「ファミリーマートプラス上青木店」は、“家庭のキッチン”をコンセプトに、ファミリー
マートが展開するコンビニエンスストアの基本機能やドラッグストアや調剤薬局との一体型店舗で培った
日用品の品揃えなどのノウハウと、カスミが展開する惣菜や肉・野菜・魚などの生鮮食品や日配品、加
工食品を中心としたスーパーマーケットならではの品揃えを一体化させた新しい店舗フォーマットです。
両社の持つ経営資源を最大限に活用することで、コンビニエンスストアやスーパーマーケット単体で
は実現できない新たな利便性を提供し、“ワンストップショッピング”の実現を目指してまいります。


■両社の特長を活かした商品の品揃えが充実

「ファミリーマートプラス上青木店」では、特に昼・夜の需要に合わせて、ファミリーマートのファストフー
ド“できたてファミマキッチン”商品やカスミの惣菜を強化することで出来立ての味を提供するとともに、レ
ンジで温めるだけのお惣菜や簡単な調理で食べられる簡便な商品を品揃えいたします。
また、店内には木目調の内壁やカウンターを採用するとともに、各売場がすぐにわかるようにコーナ
ーの表記をし、快適にお買い物いただける空間づくりを行ってまいります。さらに、12台の駐車スペース
に加え、駐輪場も完備し、幅広い地域のお客さまにご利用いただけるお店づくりをしています。

ついに24時間型スーパーに歓喜の声

24時間営業のスーパーが出来るということで歓喜の声がネットでありますが既にビッグ・エーというディスカウントスーパーでは24時間営業しています。別に新業態というわけではないです。

 

家庭がある家は、そんなに深夜にスーパーがあればということはないのですが一人暮らしで一人分の何かを欲しい場合や終電で返ってくる場合など普通にスーパーで購入できるメリットは大きいです。

 

ビッグ・エーでなくともスーパーマルヤでは金曜、土曜日などだけスーパー部分を24時間営業しています。イオンも遅い時間まで営業しています。

意外にこの部分に先駆者として参入している業態は多いわけです。ファミリーマートの需要もあると思いますがますます競争過多な業界になりそうです。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。