2014
01.03
PHM11_0305.JPG

ファイナルファンタジーがクソゲー過ぎて、ついにゲームやる気になれなくなったので中古で売ります

コラム

もうゲームをやるのは控えることにした。

プレステ4が出ても買わない。なぜなら、最近自分がゲームをまったく面白いと感じない原因がわかったからだ。

理由は、開発者が全く違う人になっているのにシリーズで販売されているからです。

ファイナルファンタジー

ファイナルファンタジーというのは6を中古で買ったのが最初。その後、FF7を本格的にやって、8は断念。その後に本格的にやったのが10なのである。

ファイナルファンタジーは、6、7、10。更にその後にニンテンドーDSで3、4、5と発売したのをやった。

しかし、最近のファイナルファンタジーは購入しても序盤で放置し、中古で投げ売るという状態であった。この原因を見るとシナリオを鳥山求というディレクターに変化してからが原因であることが分かる。

 

まず、造語が多すぎて理解できない。「パルスのルシがパージで・・・」なんていう会話ばかりで意味がわからないとネットで話題になったが自分もわからない。

頑張ってやってもストーリーが面白くないし、GCバリバリの映像ばかりだと映画を見たほうが簡単ではないか?映画なのに無駄に時間稼ぎの戦闘やパズルなどが多くてめんどくさいと感じるのである。

もともとファイナルファンタジーは坂口博信という人がプロデューサーであった。その時は面白かったがこの人はすでにスクウェア・エニックスにはいない。

その後、RPGがバリバリのCGばかりの作業ゲームになっていったのである。次に出るFF14も鳥山求という人がプロデューサーなので自分は多分合わないと思う。

ファイナルファンタジーは、もうだめだ。社員を何万とリストラしまくって優秀な作品を作れる人がいない。

バイオハザード

これもバイオハザードをはじめてつくったプロデューサーはすでにカプコンにはいない。バイオハザード3までは良かったがその後は、ことごとくダメ。操作性も最悪だし、画面は暗すぎる。カメラアングルは狭く、謎解きは一切ない。米国市場をターゲットにしており、戦争ゲーム化している。

ソンビがマシンガンを撃ったりと、もうゾンビではない。耐久力がある兵士である。

アクション性を求められる戦争ゲームの割にゾンビでグロテスク。そして臨場感を出すために画面が暗すぎる。暗すぎて操作ができない。

もうバイオハザードもついに買うことは辞めようと思う。製作者も変わり、当初のものとはぜんぜん違うものになっている。

 

このようにシリーズ物は、もう面倒である。

英雄伝説 閃の軌跡などは1ゲームのクリアーまで最低100時間以上掛かるようである。

社会人に1本100時間なんてとうてい無理だ。子供がいて、お父さんが毎日、ゲームして休日も1日ゲームしてやっと1本終わるがそんなお父さんは家族が許さない。

マリオなど、ちょっとやるけど30分もやれば十分というようなゲームのほうがいい。しかし、そういうのをやるために本体を買うのは非常に馬鹿らしい。ちょっとやれればいいというライトユーザーならば、パソコンで動作するsteamやipadなどのスマホに移植されたゲームでも十分である。

ファイナルファンタジー3、4、5などはすでに移植されている。

PHM11 0305

どうせ買ってもやるかわからないけど、セールの時に半額で買っておけば数本買っても5千円超えない。とりあえずこういうので十分である。

レースゲームもグランツーリスモをやっていたがあまりリアルではない。最近は米国製の他社のほうがリアルである。それにいつもこのゲームをしても車集めをすることもなく、同じ車でレースするだけなのですぐに飽きてしまう。

 

新作が出てもコースは増えているが同じものも多く、買い替えというイメージが強い。そこまでして欲しいわけでもない。

 

こんな感じでゲームをやらないので自宅に充電しては放置し、自然放電し、また充電の繰り返しであったPSPは中古で売却処分したのである。

次にプレステ3を本体ごと処分するのかを悩んでいるがファイナルファンタジー13−2をやって、もうダメだ。つまらないし、わけわからないし、続けても意味ないしと最悪なので、もうここらへんで自分のゲーム人生は終了でもいいかなと思えるようになってきた。

 

とりあえず残すのはニンテンドー3DSのマリオ2とマリオカートだけである。

これも殆どやらないのだがたまに子供がやるのでとりあえずとっておいてある。色々なゲームは出ており、性能が高くなってリアルなCGで映像としては凄いと思えるがいざプレイをしてみると内容はひどく、ハリウッド映画でもDVDでレンタルしてきて2時間で見たほうがクソゲーを50時間やるよりもいいように思えてきた。

 

さようなら僕のゲーム人生。プレステ3を売る準備に取り掛かるとしよう。

今後は買うとしても任天堂以外はもう買わないだろう。

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 通りすがりの投資家
    • 2014年 1月 05日

    タイトル         発売日   累計
    ファイナルファンタジー 1987/12/18 52万本
    ファイナルファンタジーII 1988/12/17 76万本
    ファイナルファンタジーIII 1990/04/27 140万本
    ファイナルファンタジーIV 1991/07/19 143万本
    ファイナルファンタジーV 1992/12/06 245万本
    ファイナルファンタジーVI 1994/04/02 255万本
    ファイナルファンタジーVII 1997/01/31 400万本
    ファイナルファンタジーVIII 1999/02/11 364万本
    ファイナルファンタジーIX 2000/07/07 280万本
    ファイナルファンタジーX 2001/07/19 320万本
    ファイナルファンタジーXI 2002/05/16 15万本
    ファイナルファンタジーX-2 2003/03/13 241万本
    ファイナルファンタジーXII 2006/03/16 260万本
    ファイナルファンタジーXII
    レヴァナント・ウイング 2007/04/26 52万本
    ファイナルファンタジーXIII  2009/12/17 190万本
    ファイナルファンタジーXIII-2 2011/12/15 86万本

    同じ御意見の方は100万人以上いそうですね。
    私はIIIから始めてXできっぱりやめました。