2013
06.17
2

デジタル一眼レフカメラミラーレスの買い換えを検討する

コラム

なかなか会社に行って、帰りがちょっとでも遅いと急いで寝る準備をしなければ、なかなか22時半に寝ることは難しい。

今日は23時に寝よう。

ミラーレスのデジタル一眼レフカメラを使用していますがそろそろ2年半くらい使い、バッテリーがへたってきたので買い換えを検討していました。

色々探すと、各社一長一短でどれを選べばいいのか悩んでこの時間です。

ソニーのミラーレスNEX-5D

自分のデジタル一眼レフ(ミラーレス)は当初から買っていました。PanasonicのミラーレスをGF1だったかな。を買って、それを売って、次にソニーのNEX-5Dでパンケーキレンズだけではなく、ズームレンズも欲しくて買いました。

当時はソニーだけ、フルハイビジョン録画の動画、しかもステレオがとれたのでこちらを買いました。

 

しかし、一眼レフレンズを複数持ち歩くのは面倒になり、なんとかデジカメみたいな気軽さはないものかと思っているときに電動ズーム付き一眼レフが出たのです。

でも8万円くらいと出たばかりの時はすごく高かったです。

それに素人にはすごく便利な液晶画面をタッチすることでフォーカスのピントを合わせられる機能も出てきました。

値下がってきたら、買おう。買おうと思いつつ、今日まで経過しました。

2

ソニーのミラーレスはセンサーがエントリーモデルの一眼レフと同じものがいい点ですがミラーレスにしたことでシャッター速度が遅いです。

ピントが合ってシャッターを押すまでの時間がちょっと瞬間速度という感じではありません。

軽量な分、色々な機能がありません。フラッシュは使いませんが脱着式です。

 

これに買い換えようかなぁと思いつつ、フォーカスの遅さと価格が全然、値下がらないので最後まで悩みました。

 

1

似たようなタイプでPanasonicのGX1がすごく安くなっています。これは電動ズーム、液晶タッチフォーカス、動画はフルハイビジョンでステレオなど、欲しい機能がそろっています。

でもソニーの動画撮影とは違いフレームレートが30です。ソニーは60あるので動きの激しい動画を撮る場合、すごく違いが出ます。

 

どちらも望遠用のズームレンズと単焦点のパンケーキレンズを2つ持ち歩かなくていい点が便利です。

素人には液晶タッチフォーカスは必須です。

Panasonicのこのモデルはシャッター速度が高速で0.09秒です。とても早く、チャンスを逃しません。

 

子供が生まれたばかりの時は、フルハイビジョンのビデオカメラが一般的に市販されて2年目でした。大型液晶テレビもどんどん普及し始めてきたときであり、ものすごく高価でした。

ブルーレイレコーダーなんて一番安いモデルでも15万円くらいしました。

新婚旅行から、何とか常にフルハイビジョンで撮影をしてきました。まだまだハードディスク撮影にもならず、テープからBD-Rに直接録画するものまで規格が乱立していた時代です。

いまはもうSDカードも大容量で32GBも当たり前ですが新婚当時は4GBは非常に高価でした。いま500円くらいです。

 

ずっとフルハイビジョンで家族と子供の成長を撮影しています。

昔の子供の写真を見てもフルハイビジョンだと当時を本当に感じます。綺麗な写真は重要です。

 

そんな訳で2年周期で買い換えをしているデジタル一眼レフカメラも価格が安くなってきたのでバッテリーのへたりもあり、買い換えです。

Panasonicの32500円くらいまで値下がると使用しても中古価格があまり値下がりません。なぜなら、常に横ばいで維持されるレンズの価格が横ばいだからです。レンズと本体込みで32500円ですが電動ズームレンズは34000円します。つまり、レンズ単体で買うよりも在庫処分で安い状態なのです。

 

これで1年、2年散々、使用してもレンズセットでちょっと値引きした程度で中古として売却できてしまいます。

これが一眼レフのいいところでもあります。本体は古くなってもレンズはシリーズが増えるだけ(広角レンズ、魚眼、単焦点、マクロなどなど)、本体は進化してもレンズ交換では常に既存レンズを買う需要があるため、値崩れしないのです。

 

こんな感じで数年一眼レフカメラを買い換えていますが底値で買うことと、売るタイミングでいつもほとんどお金を使わずに定期的に新しい新品のモデルチェンジをしている状態です。

 

そろそろ23時となりました。

 

株についてはまた明日の朝にでも書こうと思います。

7時間半寝るのが健康のモットーです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。