タッチパネルの映像に合わせてボタンを浮き上がらせる技術について解説動画が公開されました

コラム

画面のタッチパネルがスマートフォン普及で当たり前になってきましたが、液晶モニターのガラスを直接、ボタンとして叩くには違和感があるのは誰もが感じます。

やはり、ボタンとして感触がある方が打ちやすかったりします。

 

この問題は世界的に需要があるようで、液晶モニターが映像に合わせてボタンを浮き上がらせる技術に注目されていました。あるベンチャー企業が出資を仰いでいましたが最近、どういうものなのか動画が作成されたようです。

この技術が当たり前になると、iPadやiPhoneで文字を入力するときはガラケー(携帯電話)のキーのように映像に浮かぶ上がるキーボードとして使えるようになるわけです。

ここまで技術が進歩するとさらにタッチパネルとボタンの関係が更に次世代に進化しそうです。

 

今あるタッチパネルのゲームももっと使いやすくなるでしょうし、メールの入力も更に簡単に直感的に行えるようになるでしょう。

非常に期待したい技術です。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。