2014
08.27
スクリーンショット 2014-08-26 22.43.17.png

ソニーヘッドマウントディスプレイHMZ-T2を買ったので本音のレビューをしてみたい

コラム

ヘッドマウントディスプレイが欲しくなり、ヤフオクの状態の良い中古を買いました。相場は30000〜36000円くらいです。新品では6万円くらいした商品です。

最近機種ではなく、2012年後半の販売です。HMZ-T2です。

こちらは最新機種とは違い、モバイルで通信を飛ばすことが出来ないと言われています。つまり、ブルーレイレコーダーと直接、HDMIケーブルを接続し、その部屋で見る必要があります。

 

これはプロジェクターで我が家が使用している方法が出来るのではないかと思い実際にやってみました。

スクリーンショット 2014 08 26 22 43 17

スマホやタブレットをHDMI出力し、お部屋ジャンプリンク

ソニーのスマホやタブレットを利用しています。これらの製品はソニーのブルーレイレコーダーと無線LANで繋がり、別の部屋でも録画した番組やいま放送している番組を見ることが出来ます。

 

さらにスマホやタブレットはHDMI出力をすることが出来るケーブルを使用することでテレビに出力できる機能があります。HDMI出力するにはUSB電源が必要なのですが私の場合、100円ショップのmicroUSBケーブルとモバイルバッテリー(スマホの充電のやつ)を使用して、ブルーレイレコーダーやテレビが全くない部屋でこのヘッドマウントディスプレイを使ってみました。

 

結果、ブルーレイレコーダーの録画映像はしっかり見ることが出来て、リアルタイムの放送中番組ですら見ることが出来ました。地上波だけではなく、BSもCSも見ることが可能です。

これならわざわざ最新機種を買う必要はないんじゃないかと思います。最新機種との差はあまり大きくはなく、部屋をジャンプして無線で飛ばす仕組みが搭載されて8万5千円もします。かなり高いです。今のところスマホしか試していないのでタブレットはどうなのか分かりませんが出力解像度は悪かったです。720HDでスマホからHDMI出力はヘッドマウントディスプレイに出力されました。

 

なので引き伸ばした感じがあり、映像は劣化しています。これはタブレットでHDMI出力すれば綺麗にフルハイビジョンになるかもしれません。試してみようと思います。

HMZ-T2も第2世代で、最初の第一世代が出た時は店頭在庫もなくなり予約待ちでした。それでも欲しかったのですがとにかく価格が高い。7万円も出したいとは思えません。中古でやっと庶民の相場になった感じはあります。

 

では、実際にソニーのヘッドマウントディスプレイHMZ-T2を使ってみた感想はどうでしょうか?

映像的には擬似的に750インチを出力するので小規模の映画館のような感じはあります。目の錯覚で見せているので変にレンズの輪郭は感じます。私が裸眼ではなく、メガネを装着しつつ、ヘッドマウントディスプレイをつけているからなのかもしれませんが・・・。

 

最初は大画面に驚き、感動するのですが2時間も使わないうちに何となく違和感を感じます。偽物の750インチというのを脳が理解してくるのです。そうなると、あまり感動はしなくなります。そして、750インチといえども解像度が微妙なのでよほど綺麗なフルハイビジョンの映像でなければ画像の劣化を感じます。デジカメの写真を引き伸ばしたような感じです。やはりここは4K画質が求められます。

 

そのうち、ソニーも4K画質のヘッドマウントディスプレイを出すかもしれません。

映像を見ていて2D映像として普通のテレビ番組の録画は見ることが出来ます。2D画面は平面に感じるので比較的疲れません。疲れないで見ていることが出来ます。ただし、ヘッドマウントディスプレイは映画や世界遺産を見る程度にしておきましょう。ゲームをするには頭が完全固定しないので動くと、気持ち悪くなります。酔います。

ヘッドマウントディスプレイは完全に寝ながら見たり、ソファーで仰向けになって見るのがベストです。それでもおでこの固定部分が痛くなりますけどね。

ヘッドマウントディスプレイの感想

しばらく使って脳が錯覚を理解するまでは感動モノ。しばらくして慣れてくると、空きは早い。手軽さがない分、日々の利用は敷居が高い。やはり、ケーブルで様々な機器とつなぐ必要があるし、頭に装着するには重い。これを付けると何も見えなくなるのでリモコン操作も難しい。

HMZ-T2は一応、ソニーのブルーレイレコーダーとHDMIケーブル接続をすると専用メニューを出し、ヘッドマウントディスプレイ本体のメニューボタンから、ビデオを操作できるが、これは限定的な利用だ。

 

色々な製品を買ってきたがプロジェクターも確かに80インチ、100インチを手軽に楽しめるが敷居が高い。

手軽に使えるソニータブレットはブラビアで培ったテレビとしての映像美が優れており、お部屋ジャンプリンクなどで録画した番組を見るにはきれいな液晶である。さらに防水になっているのでお風呂でも気軽にタブレットで録画した番組や映画を見ることが出来る。

 

この他にもおでかけ転送でオフラインでも外出先や電車の中でも録画した番組を見ることが出来る。これは手軽なので録画した番組をどんどん消化することが出来る。CMスキップもダイジェストで早送りができたり、チャプターで早送りができるのでかなり便利である。

 

そんな訳で欲しくて買ったヘッドマウントディスプレイですが欲しい欲しいと言うまでがよく、実際に買ってみると意外に早く脳はこの錯覚を理解し、あまり感度しなくなります。慣れという感じです。それで映像を見るまでの敷居の高さより、使用頻度は積極的には難しいです。それで利用しないで中古に流れるというのも多いです。

この商品はメガネを掛けていても何とか利用できるのはメリットです。視力が0.01くらいでも何とか問題なく見れました。近視は大丈夫ですが乱視になったり、左右の視力にあまりにも差がある人はどうなるのか分かりません。これは人を選ぶ商品です。いざ買おうと思う人は家電量販店やソニーストアで実物を触ってみて問題がないのか確認するのは必須です。

 

とりあえず半年くらいはおもちゃとして遊べそうです。その後は中古で売ろうと思います。やはり防水タブレットの方が手軽です。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。