2015
01.03
S001_megane0420140830144448500.jpg

ソニーとLGが8Kテレビを発表しました

コラム

4Kも放送が対応していないし、メディアも殆ど無く、迷走しているのに8Kの発表かぁ…。

S001 megane0420140830144448500

ソニーとLGは1月6日に米ラスベガスで開催する CES2015 で8Kテレビを発表するとDigitimesが報じました。

LG電子はCES2015において、大幅に薄型軽量化したテレビをラインナップに追加するほか、ソニーとLGは「8Kテレビ製品」を発表するそうです。現行の4Kから更に精細化を推し進めたものとなります。

またCES2015のテレビ関連技術では、LGが「量子ドットディスプレイ」を用いたテレビのラインナップも公開するそうです。

量子ドットディスプレイ(QD)は、液晶パネルに量子ドットフィルムを貼ることで通常の液晶に比べて色再現性を30%以上向上させたのが特徴。量産化が思うように進まない有機ELの代替として注目されています。

http://rbmen.blogspot.jp/2015/01/sonylgces20158k.html

iMacなどでは5Kディスプレーを発表していましたがそういった用途じゃないとあまり需要はないような気がします。

個人の家で大画面を積極的に購入しようという人は少数派です。理由は日本の住宅は高い、高いし狭すぎる事が理由です。

4Kを普及させようとしていた日本企業ですが4K放送が地上波でありませんし、Blu-rayメディアも4Kに対応していません。デジタルビデオカメラやデジカメでやっと4Kを採用してきましたが記憶型式がまたまた異なるため、保存のしかたや再生が非常に困難。一部のブルーレイレコーダーで高額なものだけが対応している状態です。

これだけ普及していないのに8Kに突入するわけですからね。

 

実は私、8K映像は思いっきり見たことがあります。

2014年の宇宙博では8K映像で宇宙を説明する動画がシアター形式であったのです。そこで8K画像を体験したのですが映画館などでは8Kにすれば凄まじく綺麗ですね。映画館こそ8Kになるべきです。3Dなんかにするよりね。あれだけスクリーンが巨大な場合、8Kの高画質を堪能できますが32型や42型程度の普及モデルである液晶テレビモニターではハイビジョンで十分。60型だろうが4Kで十分と言えます。

8Kということでその映像の綺麗さを分かる人は殆どいないでしょう。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。