2014
05.27
スクリーンショット 2014-05-27 7.48.59.png

ソニーとパナソニックの共同出資の有機ELメーカー事業から撤退を発表

コラム

ソニーとパナソニックで共同出資した有機ELの会社が閉鎖になるようです。

これにより国内大手の有機ELメーカーは全滅となりました。今後、有機ELが普及することはないでしょう。

ソニープレイステーションVITAの液晶

大型画面化が難しかった有機ELですが、携帯ゲーム機のプレイステーションVITAに有機ELを搭載しました。

当初は、この液晶も凄まじく高画質で綺麗でしたが、AppleのRetinaディスプレイなど、他の方法で量産化されている商品に押され、高画質とはいえ微妙な立ち位置にありますた。

 

有機ELは製造が難しく、コストも通常の液晶よりも大幅に高いです。

更に致命的なことが、有機ELの寿命です。この寿命が思ったほど長くは出来ず、通常の液晶よりも早く壊れます。これが開発を進める上でボトルネックとなっていました。

スクリーンショット 2014 05 27 7 48 59

 

ソニーのプレイステーションVITAも本体を値下げしましたが初期ロットは有機EL液晶を搭載していました。

現在のモデルは既に有機ELではありませんがかなり近い形の良質な液晶です。それでも有機ELの方がきれいなのですがAppleのRetinaディスプレイと比較すると、大差がありません。

 

有機ELは大画面化の製品は出ることはなく、ソニーウォークマンやソニーのスマホ、携帯ゲーム機に搭載されるだけで比較的、小型の液晶に使われて製品化されたくらいです。

今後も小型液晶では利用はあると思いますが大型画面のテレビとなると国内メーカーは撤退してしまったので製品化はありえないでしょう。期待していた人には残念です。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。