2014
06.14
スクリーンショット 2014-06-14 6.02.40.png

ガラケーと格安スマホの2台持ち。ついにソニーXperiaにスマホを切り替えてみる。OCNで合計3000円以下運用

コラム

相変わらずガラケーとスマホのMVNOのSIMカードを使用し、毎月の通信費を抑えて運用しています。

通勤では、LTE通信ができるOCNのSIMカードを使用し、LTE通信機器でwi-fi通信として、iPad miniやiPod touchを使用しているのですがiPad touch 第5世代(最新版)でもカメラの画質や動画撮影などは全然、最新のスマホには追いつくレベルでは無いわけです。

 

ちょっとした外出時にはミラーレス一眼レフなんていうのは持っていかない訳ですから、デジカメ並に高画質の写真がとれたり、動画が取れることは非常に重要です。

それにApple製品ではないXperiaならばMicro SDカードを付けることで音楽や動画をもっと持ち歩けるようになります。

 

防水でおでかけ転送にも対応しており、お風呂でブルーレイレコーダーで録画したテレビを見れるのもすごく便利。

子供がいるとお父さんがなかなかテレビを独占できないんですよね。各部屋にテレビを置くのも馬鹿らしいのでタブレットにWi-Fi通信で動画をストリーミングして見ているわけですが、やはりソニー製品はここらへんの連動がタイマーで出来るので便利です。

スクリーンショット 2014 06 14 6 02 40

そんな訳で2013年12月に発売されたdocomoの冬春モデルの白ロムを新品で購入しちゃいました!

ヤマダ電機やビックカメラにも現物があるのでそこで確認することが出来ます。

最近はスマホも大画面化しており、5インチが主流ですが電車で片手操作するには難しい大きさなんですよね。親指だけでは画面の下まで押せないわけです。

白ロム相場は新品で35000円位です。

 

Xperia Z2の最新版は65000円、so-02fよりも大画面のZ1が45000円から5万円が相場なので比較的高性能な割に安い状態であると言えます。最新版のXperia Z2は動画撮影も初の4K対応になっており、非常に綺麗なんですが2014年春まで販売していたSO-02Fもスマホ史上最高のカメラといっていただけあって高画質で動画も手ぶれ補正が効いています。

 

メインはネットよりも録画したテレビを見たり、音楽を聴いたり、写真撮影に動画撮影が出来ればいいので目的にあっている商品なのかなと思います。

格安スマホでネットをしたいときはGPSでGoogle Mapsを使ったり、ナビタイムで電車検索、天気予報を見たりすることがメインになるので、十分な性能は持っています。

 

MVNOの格安simはOCNでもユーチューブなど動画を外で見ようと思わなければ十分。

電話番号がない場合は、980円にプラス150円をするだけで050Plusの電話も使えるようになります。電話も一応、使えるようになって月額1300円以下でガラケー以外にスマホを持てるようになります。唯一出来ないのがテザリングですがこれはMVNOでは難しいということであり、docomo契約のSPモードにすると出来ます。

 

でも、そこまで格安に求めることはできないのでテザリングは諦める訳ですが・・・。十分でしょう。

スマホも1年間に何度もバージョンアップし、新商品が発売されますが新品定価が7万、8万するのでやはり性能はいいですね。

ちょっとしたテレビやカメラの買い増しを検討するなら、1世代前の在庫処分のスマホは理にかなっています。

 

ちなみにガラケーは、docomoで家族間通話無料、メール使い放題で月額1300円です。050Plusのスマホ通話だけでも十分な人もいるでしょうが音声通話は品質がやはり050では劣ります。110番や119番にも電話は出来ませんからね。フリーダイヤルもダメです。なのでガラケーと2台持ちが必要なわけです。

 

なかなか節約意識があるとスマホに月額7000円とか支払うのは躊躇いますね。夫婦だと2倍掛かりますからね。

それに歳を取ってくるとスマホを長時間電車などでネットを見るのは非常に疲れます。iPad miniくらいのサイズは欲しくなります。

 

スマホは家電と違い1世代前のものは大幅に値崩れします。

それで2年くらい使用し、そこそこの価格で中古としても売れますし、結構、コストパフォーマンスで見ると家電の変わりには便利な商品です。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。