2013
10.30
1

ガイアの夜明けでタマイノ酢が『キャリア制社員』という5年間限定期間の新卒採用をしているとか

コラム

ガイアの夜明けで新卒の就職みたいなものが放送されました。1時間かけたCM制作をするテレビ番組と自分は思っています。

ガイアの夜明けの視聴率は、5%くらいなんですよね。なんでも鑑定団の半分もありません。

 

ここでタマノイ酢という会社で『キャリア制社員』という採用もやっているという特集をしていました。

1

タマノイ酢採用ページ

http://www.tamanoi.co.jp/recruit/

 

採用ページを見てもどこにも『キャリア制社員』の説明や募集なんてどこにもありません。

この制度はどういうものかというと、正社員ではありません。新卒で歌手になりたい、声優になりたい、芸能人、アイドルになりたいなど夢を追いかけている人を5年間限定で採用します。

5年するとバイバイになります。その間、夢が叶うといいですねという制度です。5年間は正社員と同じくらいの給与と福利厚生が得られます。

 

この方針を導入した理由は、社長が違う考えの空気を社内に取り入れたいという考えから導入をスタートしたようです。

しかし、採用ページを見てもどこにもそういったことは書かれていないのでもう募集は辞めて廃止になってしまったのかもしれません。

新卒スペシャルカード

日本は完全に新卒採用主義です。2002年~2004年の新卒就職率が8割くらいの時と比較して、いまは新卒就職率は凄くいいです。ただし、新卒限定です。そのスペシャルカードを有効に使って大手企業の総合職など福利厚生や給与がしっかりしており、キャリア形成できるところへ採用されなければいけません。

間違えてブラック企業と言われるところへ就職すると、2年も持たずに転職することになります。そうなると新卒ではないのでどんどん転職の質も悪化し、キャリア形成できない状態になります。

だからといってどこか正社員になれないというわけでもありません。中小企業やベンチャーまで視野を広げれば若いうちは有名大学を卒業しているとどこか就職できます。

結局、サラリーマンは学歴です。ボランティアしてましたとか、資格を何か持っていますというよりも学歴です。

 

どこに就職するかで1日の労働時間も全然違いますし、有休を買い取るところや無理矢理取得しろと圧力まで掛けてくれる会社もありますし、福利厚生も充実し、給与まで高いという会社もあります。逆にブラック企業というところに就職すれば、サービス残業で徹底的にこき使われます。数年で限界が来ます。中年になってもこんな仕事体力持たないとか、若い人しかいないような会社はブラック企業の可能性が高いです。ベンチャー企業の多くも労働量が多いです。

 

オススメは、高学歴で大手企業の総合職に就職しろと言いたいです。もしくは公務員。

夢を追いかけるな。起業家とか言うな。いいところへ就職したら転職せずに置かれた場所で咲きなさいと言えます。そこでキャリアを形成し、ステップアップするのです。給与が全然30代、40代で差が出てきますし、仕事量も全然違います。

なぜなら大手は人を多く抱えていますし、仕事の流れもシステム化されているため、別にあなたが辞めようが休もうが会社は回るのです。会社が大きすぎるため一人当たりの貢献する割合が平均化され、小さくなります。だから有休も取り放題になりますし、残業も無駄にありません。

 

中小企業やベンチャーとなると、大手では10人で過剰人員で作業するようなものを3人ですべてやれというようにします。人件費が経営者としてもっともコストが高いためです。そうなると一人当たりの作業量が多くなりヘトヘトになりつつ、有休を取れません。おまえが休んだら俺が迷惑になるだろ!ということになります。

そして、利益率も価格競争をしているため少なく、これだけ働いてもこの給料?という状態になるわけです。大きい会社へサラリーマンとして就職した方がいいというのはこういう理由です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。