オーストラリア産の牛たんが関税引き下げで大幅下落

コラム

オーストラリア産の牛たんが安くなるようです。豚肉も安くなります。

 日豪EPAでの大筋合意によると、牛タンの関税は現在の12.8%から7.6%に、豚肉は4.3%から2.2%に引き下げられる。

オーストラリアというとスーパーでは牛肉をよく見かけます。オーストラリア旅行へ行っても牛肉は生産高が高いので非常に安く、国民もよく消費していました。

でも、スーパーではオーストラリア産の牛たんや豚肉ってあまり見かけませんね。

 

外食産業に流れる肉が卸値が下がりそうな予感がします。

 

しかし、スーパーが税込み(5%)の時に98円で販売していたものを、税抜き98円で販売するのはどうにかならないですかね。レジに通すと消費税8%が課税されますから、4月から食品が8%値上げされているのと、変わりません。

本当に高くなりました。10%にするなら内税方式にして欲しいです。そうするとスーパーの負担が痛いのかもしれません。98円税込み(10%)となると、相当大変そうです。

 

しまむらは税込み表示で変わりないですから、しまむらは偉いです。ユニクロも便乗値上げ状態ですからね。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。