2014
01.02
2013-12-23 14.25.26.jpg

イオン幕張新都心の混雑状況と人気店紹介 その3

コラム

イオン幕張新都心へ行ってみたところ、人が集まっているところを発見!

何だ何だ?と近くへ行ってみます。イオン幕張新都心でもあれだけ1店舗に客が集中しているのは珍しいです。数店舗しか、異常に集中するお店はありません。

気になります。行ってみましょう。

2013 12 23 14 25 26

 

なんだこれは?

食品サンプルのようです。しかし、このディスプレイに飾ってあるものはめちゃくちゃ高額。数万円します。

しかし、完成度は高い。このお店は食品サンプル屋さんなのか?人参がカレーのお風呂に入っているような光景が印象的です。

2013 12 23 14 26 09

 

リーズナブルな価格は、小鉢です。

豚角煮2500円、肉じゃが3000円です。先ほどの入り口で数万円(5万円くらい)のものを見ているので、小鉢は安く感じます。

これらの食品サンプルですが実は、プラモデルのように自分で制作するのです。

このキットにはそういう必要な材料と説明書が入っています。ご自身で食品サンプルを作成する楽しみを味わうことが出来ます。

2013 12 23 14 26 18

 

小鉢は新しさを感じますがサンマなどの魚はあまり欲しいとは思いませんね。

このシリーズは、よくキーホルダー等、海洋堂がリアルなチョコエッグなど色々販売していたので特に目新しさを感じません。

 

下の方にはラーメンの食品サンプルが見えます。

2013 12 23 14 26 20

 

かき氷やパフェなどの食品サンプルもあります。

ここらへんになると原材料費が安いのか価格もグッと安くなり、1500円程度で購入できます。でも、どうせ作るなら豚の角煮や肉じゃがなどの小鉢が欲しいところです。

2013 12 23 14 26 30

 

ビールやソーダフロートなどもありました。

2013 12 23 14 26 32

 

こちらはカレーやそばなどです。

この作り方は元祖サンプル屋さんのWEBサイトで作り方も載っています。価格もそこそこ難易度もそこそこで無難な入門用食品サンプルなのでしょうか?

2013 12 23 14 26 35

 

とりあえず買って買えるというおみやげ感覚ならばお寿司の握り一貫の食品サンプルがあります。

これは価格も安い。

2013 12 23 14 26 41

 

ピザやお菓子のコーナーもありました。

ここらへんは女性のお客さんが多くなっています。食品サンプルでも作れるし、材料を買ってきて本物も自宅で作れるそんな境界のコーナーです。

(食品サンプルは食べれません)

2013 12 23 14 26 46

 

こんな変わったコンセントカバーもありました。

ジャムが付いたトーストなんて手がベトベトしそうですね。

2013 12 23 14 27 10

このお店はなんというかといえば、

元祖食品サンプル店といいます。WEBでも通販サイトを持っているので店頭に行かなくても欲しい人はネットで購入することも出来ます。

イオン幕張新都心にはじめて出店したわけではありません。スカイツリーにも店舗があります。

2013 12 23 14 29 212013 12 23 14 27 19

このお店の横は、外食(フードコーナーではない)お店が並んでいます。

これ1店舗に入ろうと並んでいるお客さんです。お昼ごはんを食べようと数時間ならばないと行けない状態です。立ち食いそばに並んでいる客と違い1店舗に滞在する時間も長いです。

客の回転率も悪く、イオン幕張新都心でお昼を食べようと思うと非常に苦労します。

 

もう中で何かは食べられないと思って行ったほうがいいです。

海浜幕張駅くらいまで戻れば全然、並ばずに食べることが出来ますがここには車で来るには相当並びます。車でも並びますし、専用のバスもかなりの行列です。

先に食べていくか、コンビニおにぎりでも持っていったほうが無難です。飲み物もペットボトルで持って行きましょう。

 

イオン幕張新都心は本当にオープンしたばかりで混雑しています。

なかで何かを食べようと思わないほうがいいです。持ち込むかお腹が空いたら帰りましょう。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。