アルバイトの時給を上げないと人手が集まりにくく、定着もしにくくなっている

コラム

バイトの時給が大都市圏では上昇に歯止めが掛かりません。

時給を上げないと人手が集まりにくく、定着もしにくくなっている。シフトの柔軟化や研修の充実など、職場環境の向上を図ろうとする企業も目立ってきた

人手不足を背景に、3大都市圏(首都圏、東海、関西)で10月に募集があったアルバイトやパートの平均時給が、2006年以降で最も高くなった。前年同月と比べて8円高い961円。これまで最高だった13年12月の959円を上回った。求人情報大手のリクルートジョブズが調べた。

 今年10月を業種別にみると、「販売・サービス系」が前年同月より3円高い944円。年末年始の商戦向けのイベントスタッフの求人などが活発だった。飲食店などの「フード系」の時給も同10円高い937円だった。これらの求人件数は全体の5割近くを占めており、全体を押し上げた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141126-00000007-asahi-soci

 

上昇している理由を見てみると、若者とくにいまの10代交換から20代前半はアルバイトをするという考えが大幅に変わっています。積極的にお金を稼ごうと言う人が減り、働く人は働くが働かない人は働かないという流れができていますし、少子化の影響も受けています。

なので若い人だけが人手不足なのです。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。