2018
06.07
1

やっぱりiPhoneの画面割れ修理はパネルごと交換するのがスタンダードみたいです

コラム

ジャンク品のiPhone6を購入して、画面のガラス破損とバッテリーの劣化を修理しています。

ヤフオクでは、画面パネルを200枚位ジャンク品として売っている人もいます。多分、これだけ業者が交換する作業をしたんでしょう。

1

自分は、iPhone6の画面割れをガラスを剥がして修理する方法にするかこのようなパネルごと全部交換する方法のどちらが良いのか悩んでいました。

純正品のほうが良さそうだからです。

でも、このヤフオクで販売されているジャンク品を見ると専門の業者はガラスから分離して何時間も面倒な作業をすることなく、パネルごと交換して30分程度で修理してしまうことが分かります。

2

こういったジャンク品パネルのネットを1万円くらいで買う人もいます。

私は買いませんけどね・・・。

3

iPhone6をジャンク品で7000円、8500円と購入し、液晶パネルの交換が2800円、バッテリーの新品交換が1500円くらいするのでこれをプラスして修理したものをヤフオクやメルカリで売ると儲かるのではないかと思われるのですが売れないんです。これでも1000円も儲からない。

それくらい中古のiPhone6は大暴落しています。

 

自分の場合、iPhone6を修理して自分で使う予定です。

いまiPhone5Sを16GBで使っているのでアマゾンプライムミュージックをオフラインで再生することは難しいですし、アマゾンプライムビデオをオフラインダウンロードしておくことも難しいです。

これが大容量の64GBや128GBにすると改善します。

 

OneDriveやDropboxの同期も簡単に出来ます。すごく便利です。アップリももっと複数インストールできるようになります。

こうすることでネットワークにほとんど接続していなくても使えるようになりますのでへっぽこな格安simでもほとんど通信を消費することなく利用できるようになります。

 

日経新聞を読むのも面積が広くなるので読みやすくもなります。

これらのiPhone6を購入するための資金は、クラウドワークスで副業として稼いだお金が使われています。

ほとんど給料や資産を消耗することなく、使用するデバイスが進化します。いいですね~!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。