2014
08.17
スクリーンショット 2014-08-17 9.23.51.png

これが今のスタンダードだ! aliexpressで個人輸入の副業でがっぽり儲ける!?

コラム

サラリーマンは副業で収入の少ない給料を補いましょうという雑誌が多いですね。特にマネー雑誌系です。

一方、日経新聞などでは、景気回復で大企業などでの賃金は上昇しており、消費が盛んという記事もあります。一方、中小企業では賃金は横ばい、零細企業は賃金が定価し、結婚しているのに年収300万未満など普通にある時代です。

 

パート収入と夫の年収を合わせて世帯年収400万円という人を狙っている雑誌では、週末起業とか、副業で個人輸入をしてヤフオクで売りましょうという内容があります。せどりとかもありますね。

 

こういったものは誰もがやれるし、参入も容易です。なので価格差はあっという間に相場平均に戻ってしまい、儲けるのが難しいと思われるのですが、雑誌でコメントを書いている人は月収100万円とか、とんでもないことを書いていますよね。どれだけブックオフで100円の本を集めると100万円になるのだか・・・。

 

そういう人々に人気なのが個人輸入が日本語で手軽にできるというaliexpressです。

数年前は中国のヤフオクであるタオバオで個人輸入しようというのが話題でしたが最近ではaliexpressなど、色々なサービスが有ります。

aliexpress

日本語で個人輸入が出来るサイト

スクリーンショット 2014 08 17 9 23 51

スクリーンショット 2014 08 17 9 24 13

aliexpressを見ると、このサイトが優れており、ここから何でも買い集めて売るだけで利益が出るようにはとても思えません。送料や関税も掛かるわけですから。

逆に楽天ショップなどモールに出品をしているお店も輸入競争が激しく、相当に努力しているところだけ売れている感じです。輸入品が売れるかはすべて価格が最安値かだけです。

全国でその有名ブランドが自分の商品だけ圧倒的に1割安く、日本最安値というならば売れます。そういう状態です。

 

なのでこういった個人が簡単に輸入の真似事を出来るようなサービスは副業体験をさせるだけで儲けさせるかは別物に思えます。

バブル期にはマルチ商法など色々ありましたが最近では投資だの副業だのそういう話でセミナーで儲けたり、情報商材を売っている感じがあります。

 

こういう副業なんて儲かりません。収入が少ないなら転職しましょう。

転職できるような学歴も経歴もない場合は、若い人は自衛隊に入りましょう。40歳を超えているならば、フォークリフト等、重機の免許を取りましょう。

資格の勉強など、やっても無駄です。重機の免許を1個取るほうが効果があります。

 

アルバイトをする方がまだ良好です。いま若い人が不足し、アルバイトの求人は溢れています。そういうのを選択したほうが副業なんかで時間をつぶすよりも断然いいです。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。