2014
04.03
スクリーンショット 2014-04-03 6.18.15.png

いよいよ雇用統計発表の時期迫る。市場は楽観論が広がり、ダウ平均は史上最高値目前

コラム

ダウ平均は好調に推移しており、史上最高値更新まであと一歩の水準まで来ている。

朝方発表された民間の雇用指標は、米国の労働市場の回復継続を示す内容

民間の雇用統計は、既に発表されており、好調な指標となっている。今週末には政府の雇用統計が発表される。この発表内容で株価上昇と為替への大きな変化がありそうと予想される。

シカゴ日経平均先物の終値

スクリーンショット 2014 04 03 6 18 15

シカゴ日経平均先物の終値は、更に高値を更新し、ついに15000円の大台を突破。株価は短期的に上昇トレンドが鮮明になっており、1月中旬から始まった株価調整が一旦終了したことは明らかである。

 

長期投資を見るならば、米国市場も日本株市場も高値で推移しており、値動きは激しいが横ばいのボックス相場を形成している。この流れは数年続きそうである。

 

米国市場では非常に楽観論が広がっているが日本も米国もバブルであるという状況では全くない。指数からみても平常時であり、それでもこれだけ株価は好調であるため、比較的ボラティリティは大きくとも安定していると言えます。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。