2013
11.12
1

いまヤフオクの中古パソコン修理ビジネスが副業で儲かる。

コラム

昨日、記事にした中古パソコンがかなり高いというものでVaio Zのジャンク品がとんでもなく高い値段になっているというものを書きました。

最近のヤフオクの落札者情報は*マークで一部伏せ字になっているため、買っている人を特定しにくいです。

1

なぜジャンク品をこれだけ高く買うのかが気になります。

今回はこの落札者を追ってみましょう。

 

情報は、落札者のIDの最初3文字が「yjj」であり、評価数は125件。

Vaioに関心があると言うことでVAIOを売っている可能性が高いのでそれらから探っていくと簡単に出てきます。

 

現在も毎週数件のVaioのノートパソコンを修理し、出品しているようです。

2 

鏡面パソコンの撮影で自分を撮影

最近のパソコンは天板が鏡面仕上げなので写真撮影時に本人が載っているものが多いです。

4

過去の評価を見ると、ジャンクパソコンなどの故障品や安価な状態が悪いもの(ヒッジがキシキシするとか、汚れがある)

こういったものを落札し、メンテナンスと修理をして販売しています。

 

ノートパソコンの修理というとマザーボードならばヒートガンというドライヤーみたいなもので高熱の熱風を押しつけてハンダを溶かし、ビデオチップなど熱暴走でハンダが溶けるものを再度付けて回復させる手法がよく使われます。

PC全体の汚れはOAクリーナーなどを使用すれば綺麗になってしまいます。

 

比較的こういうものは知識があれば簡単に直せます。

3

ですがヒートガンで修理するようなものはやはり、新品で購入するよりも圧倒的にすぐに壊れます。

1年くらいで壊れるのもそういう理由です。HDDも交換する場合はコストを下げるため中古品を付けます。

 

中古パソコンはよほど信用できる個人から無改造の使用頻度が少ないもの以外は買わない方がいいです。廃熱ファンなど、中古品はそれなりに使用していたら劣化しています。

 

過去の落札した商品と出品し販売した商品をヤフオクの手数料を引いた残りを見てみると、

1台の利益は5000円~10000円くらいが平均のように思えます。たまに2万円、3万円の利益になるときもあります。

 

これを見るとブランド力のあるノートパソコン、VAIO、MacBookなどでcore i5など第4世代まで出ているもののその性能に大きな違いがないもの。3年くらい前までのモデル。

これを故障再生をすることで月間で結構いい副業になるということです。

 

コンスタンスに仕入れのジャンク品を落札し、修理し出品していけば平均で月間3万円から10万円くらいまでの収入になりそうです。いま中古パソコン市場は値上がってきていますからこういうビジネスが成立するわけです。

 

ジャンク品でどうしようもないほど故障しているものを落札し修理できなくても部品をバラしてマザーボード、液晶、メモリー、キーボードなどなど。これらでまた売れるわけです。

ジャンク品をジャンク品としてそのまま売りに出してもいいわけです。

 

ちょっと自分もやってみたいと思いました。

パソコン以外にもニンテンドー3DSやプレステ3を修理して転売する人もいます。これはいい副業になります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。