2014
04.18
スクリーンショット 2014-04-18 19.25.53.png

【イオンに追随】ビックカメラも低価格スマホの販売を本格的にスタート

コラム

イオンで低価格のスマートフォンの販売すると発表されていましたが、低価格simに力を入れているビックカメラも追随する動きです。

 家電量販大手のビックカメラは18日、端末込みの税抜き月額使用料が2830円からと、大手携帯電話会社の半分以下に抑えた格安のスマートフォン(高機能携帯電話)の販売を始めた。1000セットの限定販売で、ビックカメラとグループのコジマ2店舗で取り扱う。

スクリーンショット 2014 04 18 19 25 53

取り扱うスマートフォンはsimフリー版である。コヴィア・ネットワークスが販売する本体を取り扱う。Android4.0であり、カメラは500万画素〜800万画素であり、基本的なスマートフォンといえる。GPSも内蔵されています。


市販価格は19800円が相場です。

この他にもビックカメラは、タブレットも低価格製品を取り扱うようです。どれもイオンと同じMVNOによるSIMカードを使用します。価格が月額安い分、データ量の上限がドコモの半分であったり、速度が制限されていたりします。


しかし、スマートフォンをヘビーに使用するユーザーではない場合、通常のスマホは料金だけ高額に支払っていて、全然、機能を使っていなかったりします。

自分もスマホやタブレットは路線検索、地図、天気予報、ニュース、メールがあれば十分です。これだけではデータ量をそんなに毎日、大量に使用しません。


なのでOCNの1日50MBまで使用できるLTE回線でも35MBくらいで終了してしまいます。これ月額980円位なのでやっぱり無理やりスマホを持つよりもガラケーをメール使い放題で1000円位で維持し、OCNの格安simとドコモシムフリーの端末でタブレットを使うのが安くて、効率的だと思います。


050の電話番号ではIP電話なので110や119などの緊急電話は掛けられませんし、フリーダイヤルも掛けられませんからね。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。