2013
11.25
1

為替が101円以上の円安で安定的に推移。日経平均も底堅く、高値更新か!?

ウォーレン・バフェット, 投資分析

今日の日経平均は、かなり強そうである。

為替は、安定的に101円以上の円安をキープしており、ドル安になりやすい米国市場を受けて、しばらくは円安が定着しそうである。

著名投資家では、アイカーンが暴落の恐れがある作られた株高という発言をしているが、ウォーレン・バフェットは、いまの株価は妥当と言っている。

年内は最低でも強気相場が継続されそうである。

シカゴ日経平均先物の終値

円安傾向にあり、さらにダウ平均も史上最高値を更新しているため、安定して株価上昇が期待できそうである。

シカゴ日経平均先物の終値は、15540円と150円ほど上回っている。

1

ダウ平均と為替の終値

2

ダウ平均は安定の上昇である。

円安も101円を今日もキープしそうである。世界的に先進国の株価は強い傾向にある。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。