2013
03.03
バフェットポートフォリオ

ウォーレン・バフェット後継者、ディレクTV株で大儲け

ウォーレン・バフェット, 投資分析, 長期投資

著名投資家ウォーレン・バフェットが経営するバークシャー・ハザウェイは、毎年実施される株主宛の手紙を1日発行した。

2012年1年間の純利益は2兆2500円であったが、バフェットは標準以下の成績だったといっています。

 

なぜならば、S&P500指数の上昇は、16%あったのにバークシャーの上昇は14.4%と、市場平均を下回ったためです。これは過去48年間で9回経験していますし、2000年以降は頻繁に市場平均をアンダーパフォームする傾向にあります。
バフェットポートフォリオ
 

大型買収に苦戦

バフェットはNY証券取引所を250億ドル程度で買収する計画でしたが、失敗し、NY証券取引所は別の会社に売却されました。

バフェット氏が言うには、現金は200億ドル程度にして、大型買収をしたいと巨像を狙っているが、割安感を遙かに超えて、買収しても回収できないほど高値であることが多い状態が、今の苦戦に陥っている原因です。

 

大型買収がうまくいかないため、配当金を支払うのではないかと言われていますが、いまはバークシャーの株を株式消却することにしています。

下手に買収するよりも多額にある現金をバークシャーの自社株消却にした方がいいと判断しているようです。

 

バフェット引退後の経営者として有力な、トッド・コーム氏とテッド・ウェシュラー氏はバークシャー・ハザウェイのポートフォリオをバフェットとは別に運用していますが、こちらはS&P500指数を2桁上回っている成績を上げたようです。

運用資金はバフェットの方が遙かに多く、苦戦するでしょうが後継者の2名が運用する金額も個人投資家と比較したら、遙かに大きい金額です。それでも市場平均を大幅にアウトパフォームしています。

2名が中心として保有している株は、米衛星テレビ局のディレクTV株です。

 

 

ディレクTVの過去5年間の株価チャート

ディレクTV
ディレクTVは、主に北中南米地域においてサービスを行っている衛星放送サービスです。

まとめ

日本株では、このような綺麗な5年間チャートはなかなかありません。ダウ平均も4年前の2009年から2倍に上昇しています。その上昇の波にうまく増収増益で乗れている株を選別できれば集中投資で大きなリターンを得られますが日本株ではなかなか難しいですね。デフレですから。

 

私もしばらく株を買わないと宣言していますが、発行株式数が少ない新興市場を物色しています。いまは大幅に割高ですが、今後の投資はどこか新興市場を加えるべきではないかと思います。

 

今月は新規上場の株式で、3月27日にタマホームが上場します。

いま個人投資家は新規上場株に興味が強いため、割高でしょう。しかし、空売りが出来るわけでもありません。新興不動産銘柄として、上場後、どこまで上昇するのかが見物です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。